九谷焼(石川) > 九谷焼 鏑木製赤ワイングラス 仲田錦玉・画

九谷焼 鏑木製赤ワイングラス 仲田錦玉・画

  • 九谷焼 鏑木製赤ワイングラス 仲田錦玉・画

  • 製造元 : 株式会社鏑木
    価格 : 56,160円 (税抜き52,000円)
    数量
     

    30,000円以上は配送料無料 ご注文のキャンセルについて 友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

明治時代には大胆な意匠と鮮烈な色彩で世界を瞠目させた<ジャパン・クタニ>
日本を代表する「九谷焼」最初の商家として、文政5年(1822年)に金沢に創業した鏑木商舗が守り伝える伝統技法と、世界的なガラスウェアの名匠、南ドイツSpiegelau(シュピゲラウ)のワイングラスが出会い、現代の特殊な接着技術によって完成したのが、このワイングラスです。

世界的にもコレクターが多い九谷焼作家であり、伝統工芸士の仲田錦玉氏による絵柄は、重厚かつ壮麗。ステムに描かれた点描の細かな粒模様は、「青粒(あおちぶ)」「白粒(しろちぶ)」と呼ばれる九谷焼の伝統的な絵付けの技法です。ワインの豊饒な味わいを、よりいっそう引き立ててくれるでしょう。
赤ワイン、白ワインどちらにも使えるオーソドックスな形。ワイン初心者の方にはもちろん、通の方への贈り物にも、必ず喜ばれるグラスです。

「九谷焼」とは

石川県念部の加賀地方一帯で生産される色絵磁器です。その始まりは1655年といわれ、豪放華麗な加賀百万石文化の美意識に強く影響され発展しました。九谷五彩(赤・青・黄・紫・紺青)に金彩を加えた重厚で華やかな色彩が特徴です。残っています。成熟した町人文化から生まれた江戸切子には、10種類の代表的なカットパターンがあり、当時の趣を今に伝えています。

株式会社鏑木

文政5年(1822年)九谷焼最初の商家として金沢に開業し、以来8代にわたり九谷焼とともに歩んできた鏑木商舗。
金沢の中でも藩政時代の面影を色濃く残す、最も金沢らしい町として知られる長町武家屋敷から、「味のある、よい九谷焼」を全国に紹介しています。

商品のお手入れ、詳細情報
柄名 青粒、白粒
サイズ 直径87×高さ233(mm)、重量164g
生産地 石川県金沢市
生産メーカー 株式会社鏑木
原材料 磁器(九谷焼)、クリスタリン製
お取り扱いのご注意/お手入方法 電子レンジ、 食器洗い乾燥機のご使用は避けて下さい。
洗う際には食器用洗剤を柔らかいスポンジか布につけて優しく洗って下さい。
外箱の有無 外箱有(化粧箱)
納期 ご入金確認後3〜10日前後で発送致します。実店舗との在庫共有の為、在庫がない場合はお取り寄せとなり、お時間を頂戴する場合もございます。