駿河竹千筋細工(静岡) > 駿河竹千筋細工 行灯 月光(フロアスタンド)【静岡竹工芸協同組合/篠宮竹細工所】

駿河竹千筋細工 行灯 月光(フロアスタンド)【静岡竹工芸協同組合/篠宮竹細工所】

駿河竹千筋細工は、江戸時代初期に、主として武士の内職として始まりました。真竹と孟宗竹を主に用い、細く丸く削られた竹ひごをしなやかに曲げ、輪に組み込んでいく技法から、色々な形が生み出されます。
籠枕や編み笠、虫籠など、参勤交代の大名や、東海道を通る人々が買い求めた名産品。そして、竹そのものの美と伝統の技、常に新たな美を模索する、職人の創造意欲が生み出す工芸品です。

円筒形の側面に、竹を束ねた斬新なデザインを凝らした室内灯です。明かりが灯ると千筋の竹細工が浮かびあがり、陰影をつけながら周囲を照らします。持ち手が付いているので、まさに江戸時代の行灯のようにしても使えます。ランプを支える脚の部分も竹で作られており、繊細ながら日本らしい雅な佇まいが随所に感じられます。床に直接おいてフロアライトとして、あるいはテーブルライトなどの間接照明として、優雅にお部屋を演出します。

静岡竹工芸協同組合

静岡で竹細工の組合が初めて設立されたのは、明治42年の事。その後何度か組織の改変が行われ、現在の形になったのは昭和50年4月です。その間、駿河竹千筋細工(するがたけせんすじざいく)の伝統技術は連綿と継承され、昭和51年通産大臣(現経済産業大臣)から「伝統的工芸品」の指定を受けました。
駿河竹千筋細工の大きな特徴は、他産地では全て平ひごを用いるのに対して、丸ひごを1本1本組み千筋にし、竹の輪を曲げるための独特の技法、輪のつなぎ方に「継手」という独自の技法を用いる、といった点です。繊細なる優美なデザインで、細やかな「竹ひご」を駆使した、花籠・花器・盛器・行燈・虫籠等の製品があります。

商品のお手入れ、詳細情報
サイズ 幅190×奥行190×高さ350(mm)
生産地 静岡県
生産メーカー 篠宮竹細工所
原材料 真竹、孟宗竹  ※静岡県、長野県で取れた竹を使用しています。
お取り扱いのご注意/お手入方法 ちりや埃は柔らかな刷毛で、汚れは充分に絞ったふきん等で軽く拭いてください。
風通しの良い、乾燥した場所で使用いただきますと、竹特有のわび・さびの風合い、艶やかな色合いが増していきます。
外箱の有無 外箱有(化粧箱)
納期 ご入金確認後3〜10日前後で発送致します。実店舗との在庫共有の為、在庫がない場合はお取り寄せとなり、お時間を頂戴する場合もございます。