江戸切子(東京) > 江戸切子 ぐい呑み hanabi = 花火 銅赤【haku硝子】

江戸切子 ぐい呑み hanabi = 花火 銅赤【haku硝子】

  • 江戸切子 ぐい呑み hanabi = 花火 銅赤【haku硝子】

  • 製造元 : haku硝子
    価格 : 10,800円 (税抜き10,000円)
    数量
     

    30,000円以上は配送料無料 ご注文のキャンセルについて 友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

華やかな輝きと職人の遊び心の融合子

ここ最近のトレンドの少し低めのぐい呑みです。江戸切子伝統の模様である菊繋を用いて、あでやかな「花火」を器に表現。底面の菊花紋の映り込みと、菊繋の細かい輝き、米印部分のつや消し加工が、手に持ったときにハッとするよな鮮やかな花火が美しく表現されています。

磨きの作業まで全て手作業で丁寧に作り上げこまれた江戸切子。ガラスの持つ輝きが最大限にまで引き出されています。
江戸切子の持つ華やかさ。
その中にさらに職人の遊び心を感じていただけるよな細部までのこだわりを実感してください。ぐい呑みとしてはもちろんですが、薬味入れ、珍味入れなどとしてもお使いいただける適度な大きさに仕上げています。複雑なカットによる美しい輝きを是非、お楽しみください。

「江戸切子」とは

1834年(天保5年)、江戸大伝馬町のびーどろ屋 加賀屋久兵衛がガラス器に彫刻を施したのが初めと言われており、明治時代にその技法が確立され伝承されている、日本の誇る伝統工芸品です。ペリー来航時にも江戸切子が献上され、その美しさに大変驚いたという逸話が残っています。成熟した町人文化から生まれた江戸切子には、10種類の代表的なカットパターンがあり、当時の趣を今に伝えています。

江戸切子職人 三田村 義広

2001年より江戸切子制作に携わる。
2009年に独立、haku硝子として、自身の作品作りを開始。

※「haku硝子」とは
「haku」とは「余白(=space)」の意。伝統を重んじつつ、変化していく今のライフスタイルにあったモノづくりを目指して、ひとつずつ愚直なまでに丁寧に製作。硝子の特徴でもある透明感、ツヤ、清涼感を引き出す磨きの技術、真っ直ぐに引かれる線は真っ直ぐに、交差する線は正確に合わせる、当たり前のことが当たり前に行われる丹念なカット。伝統を重んじながら、それに囚われることなく、生活の中で楽しんで使える器の製作を精力的に行っています。

商品のお手入れ、詳細情報
サイズ φ60×高さ40×底φ30mm
生産地 東京都墨田区
生産メーカー haku硝子/江戸切子職人 三田村義広
原材料 ソーダガラス
お取り扱いのご注意/お手入方法 ひとつひとつ手作りのため、色・大きさ・重さなどが多少異なったり、気泡が入ったりする場合がございます。あらかじめご了承ください。
電子レンジ・オーブン・冷凍庫ではご使用できません。
ご使用後は食器用中性洗剤を入れて、スポンジでやさしく洗ってください。
カット部分の汚れは、柔らかい歯ブラシなどをご使用ください。
外箱の有無 専用桐箱・説明書
納期 ご入金確認後3〜10日前後で発送致します。実店舗との在庫共有のため、売り切れ時はご容赦ください。在庫のない場合は受注生産となり、製造に1〜2ヶ月かかることがございます。また、お届け日の指定をいただきましても、在庫の都合上ご希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。