今月の色
山吹色より黄みがかった赤みの黄色

本来は経糸に黄色、緯糸に山吹色で織った織り色の名称。
平安時代の皇族・貴族の衣服の有職故実書である《装束抄/しょうぞくしょう》にも「経糸・黄色、緯糸・花山吹」との記載があり、3月着用の服色とされています。

『花葉』の由来は、菜の花の花弁の色です。菜の花畑が春の風物詩としえ登場したのは、戦国時代から江戸時代にかけて、菜種油が広く流通するようになってからのこと。春のあたたかい陽を表してくれているようです。
    今月の色
 
全3件 整列 : [価格] [製品名] [製造元]
 
京錦金封ふくさ(箱入) 宝づくし・花唐草 【むす美】
 
京錦金封ふくさ(箱入) 宝づくし・花唐草 【むす美】
5,400円 (税抜き5,000円)
 
 
江戸小紋扇子宝づくし(萌葱)
 
江戸小紋扇子宝づくし(萌葱)
16,200円 (税抜き15,000円)
 
 
箱根寄木細工 ひみつ箱 10回 【露木木工所】
 
箱根寄木細工 ひみつ箱 10回 【露木木工所】(品切れ)
7,560円 (税抜き7,000円)