堺刃物 古墳時代に起源をもち世界中のプロの料理人から圧倒的な信頼と支持を集める職人技

「最高の鍛冶」と「最高の研ぎ」が極上の切れ味を引き出す

堺の鍛冶の歴史は古く、古墳時代の仁徳天皇陵古墳の築造にはじまり、室町時代の鉄砲や日本刀の製造、そして江戸時代には「たばこ包丁」の切れ味のよさが評判となり徳川幕府より「堺極(さかいきわめ)」の極印を入れて売ることを認められたことで全国に名を轟かせました。その素晴らしい技術は、やがて「食道楽」の大阪を支える料理人たちの創意工夫と結びつき、出刃包丁に代表される日本独自の片刃の包丁「和包丁」は堺で考案されたと言われています。古くから分業制が確立している堺の包丁づくりは、鍛冶、研ぎ(刃付け)、柄付けが、それぞれに研鑽を積み、切磋琢磨し合い、一本の包丁をつくりあげており、名匠たちが磨き上げたその技や製法は現代に継承され、圧倒的な信頼と支持を集め愛用され続け、いま世界中のプロの料理人達を魅了しています。

業界シェアが一番と聞くと、プロの使う包丁?と思われがちですが、そんなことはありません。プロの料理人も認める切れ味だということ。日本刀を原型としていて切断面が美しく、繊維を潰さず切れる為、食材が活き、料理の仕上りが違うと言われています。
そして、研ぐことによって本来の能力を発揮させることができ、その手間のお手入れによってさらに満足感を味わっていただけるでしょう。

プレゼントに刃物?!と意外に感じるかもしれませんが、刃物は昔「神聖なもの」として扱われていました。その神聖さから、節目を迎える度刃物を手に入れ門出としていたそうです。
そのため、魔除けや守り刀として、災いを断ち切り、未来・幸運を切り開くという意味合いもあり、これからの時期に多い、新しい門出祝い・就職や結婚など幸福を願う贈り物として最適です。長年利用できいつまでも思い出に残る物となると思います。反対の意味でとらえてしまわないよう、贈る意味や気持ちを添えるとよいでしょう。
様々な形がある包丁。堺の刃物では200種を超える専用包丁が存在します。
家庭用の場合は主に使われている下記4種類をご紹介。
三徳型 ■牛刀型
伝統的な型の万能包丁・文化包丁のこと。野菜、魚、肉、食材を選ばず使えることから「三徳」と呼ばれています。どんな切り方にも対応できる優れた包丁です。

シェフナイフとも呼ばれる包丁。牛刀の名前のとおり肉切りに適していますが、近年では細身の万能包丁として使われることが多くなっています。刃渡りが18センチから24センチのものを選ぶのがおすすめです。

     
■ペティーナイフ ■出刃
牛刀をそのまま小さくしたもので、料理初心者や、初めてお求めになる方におすすめな包丁です。扱いやすさ、値段、切れ味どこを取っても欠点がなく軽量で使いやすさが魅力。 幅の分多く金属を使っていて基本片刃の為、とても頑丈。その分重くて大きいのが特徴。根本から刃先までしっかりと使えることで、何度も包丁を入れなくても一度で切ってしまえるのです。

 


堺刃物(大阪)
    堺刃物(大阪)
 
全11件 整列 : [価格] [製品名] [製造元]