薩摩切子 大名の食卓を飾った色彩豊かな薩摩切子
繊細なカットとボカシが魅力の薩摩切子
江戸時代末期、薩摩藩主が始めた薩摩切子は、暗紅色をはじめとした豊富な色と、籠目や麻の葉など伝統的な日本の文様を取り入れた繊細なカットで知られる伝統工芸品です。厚みのある色ガラスからカット研磨時に生まれるボカシは、何とも言えぬ美しさがあります。
薩摩切子(鹿児島)
    薩摩切子(鹿児島)
 
全0件 整列 : [価格] [製品名] [製造元]