子どもの喜ぶ顔を思い浮かべて、プレゼント選びにあれこれ悩むのは幸せなひとときではないでしょうか。オークヴィレッジの木のおもちゃは、それを受け取る側と贈る側にも“安心感”をもたらしてくれます。 四季折々の自然に恵まれた国に暮らす日本人は、はるか昔から森とともに生きてきました。私たちが森の中で感じる安心感は、自然との深いつながりが呼び起こされるためかもしれません。そうした意味でも、木の香り、木目のゆらぎ、柔らかな音、体温を感じる木肌など、人の五感と響きあう素材でつくられたおもちゃは、子どもたちにとって心地いいものであるはずです。
また、飛騨高山の職人が一つひとつ丁寧に面取りをし、無塗装で仕上げているオークヴィレッジの木のおもちゃは、子どもが口に入れてかじっても安心。子どもたちの健やかな成長を願う気持ちは、プレゼント選びの最も重要な判断材料といえます。
プレゼントを受け取った彼らが大人となった時、一度は離れてしまった森と人との新しい関係が生まれていたら幸せなことでしょう。

20161130-3-main

Products